占いをする時はどんなタイプの占いであれ、相談者からある程度の情報を聞くことがあります。
もちろんこうした質問に完璧に答えられなくても占いはしてもらえますが、精度が下がってしまう可能性もありますので、できるだけ正確な答えを用意しておきたいです。

例えば生年月日の場合、ただ何年の何月何日に産まれた、という情報だけでは十分ではない可能性があります。
というのも、占いの種類によっては産まれた時間や場所などの情報も精度を上げるために必要だったりすることがあるためです。
特に注意したいのは産まれた場所です。出身地を答えてしまいがちなのですが、里帰り出産などで一時的に別の県に行っていた場合などはその県が産まれた場所となります。

また都道府県だけが分かっているよりも市町村まで詳しく分かっていたほうがより精度が上がりますので、占いに行く前に確認しておきましょう。